番外編(63)、早起きの鳥は(20070901)


制限時間は2時間半、さーて、どこに行くかなぁ。
もちろん、このまま鹿児島本線を行くのもアリ。丁度、列車も居るし。
写真 811系博多発荒尾行き(2007年8月22日6時頃、博多駅にて)

でも、今日の気分は、別方向。まずは駅を出て、地下鉄へ。
福岡市の地下鉄は、現在、空港線、箱崎線、七隅線の3路線。
名称 区間 接続等
空港線 福岡空港〜
姪浜{めいがはま}
姪浜駅で筑肥線と接続し、一部列車は乗り入れ。途中、博多駅でJRと接続。
箱崎線 中州川端〜
貝塚
中州川端駅で空港線と接続し、一部列車は姪浜方面に乗り入れ。また貝塚駅で西鉄貝塚線と接続。
七隈線 天神南〜
橋本
他の2線とは独立。天神南駅は空港線の天神駅と至近。

ワタシ的には、空港線と箱崎線には一部乗ったことがあるが、七隅線は乗ったことがない。
じゃあ、今回は七隅線か。とゆーと、さにあらずで、空港線から箱崎線へ。済みませんネ、変なフリで。
写真 福岡市営交通空港線の1000系筑前前原行き(2007年8月22日6時20分頃、博多駅にて)

中州川端駅で乗り換え。
この駅は、空港線が下、箱崎線が上の二階建てで、乗り換えがとても便利。
中州川端駅からしばらく走ると地上に。 そこが、終点、貝塚。 やった、これで1本完乗だ。って、あっと言う間なんだけど。
写真 福岡市営交通箱崎線の2000系貝塚行き(2007年8月22日6時40分頃、貝塚駅にて)

貝塚駅で西鉄貝塚線に乗り換え。
改札間はホンの10mほど。箱崎線の線路端は貝塚線側へ側線のように延びていて、繋ごうと思えば繋げられたような気が。どちらがイヤと言ったのかしらん。
ちなみに、「なは・あかつき」から、ここの車両がチラっと見えたのが、今日の行く先を決める動機になっていたり。
写真 西鉄貝塚線の600形西鉄新宮行き(2007年8月22日6時50分頃、貝塚駅にて)

貝塚線は、貝塚〜西鉄新宮{しんぐう}間。以前は宮地岳{みやぢだけ}線とゆー名前だったが、最近、西鉄新宮〜宮地岳間が廃止となり、名前が変わった次第。
とりあえず乗ったことに満足して、西鉄香椎{かしい}駅で下車。おや、古そうな車両が、頑張ってるねぇ。
写真 西鉄貝塚線の313形貝塚行き(2007年8月22日7時頃、香椎駅にて)

ここで再びJRに乗り換え。
西鉄香椎駅〜JR香椎駅間は200mほど離れている。途中のハンバーガー屋で朝食タイム。
香椎駅は鹿児島本線と香椎線の交差点。 まだ時間があるので、鹿児島本線で博多へは戻らずに、香椎線で西戸崎{さいとざき}方面に。
いつの間にか通勤時間帯に入っていて、博多方面はラッシュ状態。自分一人、こんな脳天気なことをしていていーのかと、チト後ろめたくも。
写真 811系福間発博多行き(2007年8月22日7時20分頃、香椎駅にて)

香椎駅の次、和白{わじろ}駅で、西鉄が隣合わせに。とゆーことは、ここで乗り換えた方が良かったのか。少し時間を損したが、まだまだ平気さぁ。
おー、海だ。海の横を走ってるぞ。ってゆーか、両側が海だ。海ノ中道駅とは、よく言ったもの。
そして、その次、終点、西戸崎に到着。
写真 香椎線のキハ40系宇美発西戸崎行き(2007年8月22日7時40分頃、西戸崎駅にて)

ここからは、博多へ船が出ているとか。 でも「市営渡船」ってネーミングがビミョー。 まさか、古くて沈みそうな船じゃないだろーな。
と思ったら、これがまた、新しくて速そうな船。恐れ入りました。
写真 福岡市営渡船の志賀島発博多行き、きんいん1号(2007年8月22日7時50分頃、西戸崎港にて)

では、出航。
ちなみに、博多湾は、元寇や朝鮮出兵など、歴史上の大事件の舞台となったところ。今は穏やかで、潮の香りも清清{すがすが}しく。うーむ、今日の気分は正解だったなぁ。
写真 西戸崎市街(2007年8月22日8時頃、西戸崎港〜博多港間にて)
写真 博多市街(2007年8月22日8時頃、西戸崎港〜博多港間にて)

博多港到着。 もっとかかると思っていたが、何と15分で着いてしまった。 マリンリゾートから15分でビジネス街とは。いやー、素晴らしい、うらやましい。
写真 船着き場(2007年8月22日8時10分頃、博多港にて)

あとはバスに乗れば、博多も天神もすぐ。
仕事の前の一仕事、無事終了。気分爽快、眠気退散。これで一日、頑張れそう。

【初利用駅】福岡市営地下鉄箱崎線/貝塚駅、西鉄貝塚線/貝塚駅、香椎駅、鹿児島線・香椎線/香椎駅、香椎線/西戸崎駅
【初乗り】福岡市営地下鉄箱崎線/千代県庁口駅〜貝塚駅、西鉄貝塚線/貝塚駅〜香椎駅、香椎線/香椎駅〜西戸崎駅
【完乗】福岡市営地下鉄箱崎線/中州川端駅〜貝塚駅


追記

海ノ中道と言えば、丁度1年ほど前に、3人の子供達が亡くなった飲酒運転事故がありました。
あらためて、子供達のご冥福をお祈り致します。


トップ /前ページ /次ページ