番外編(267-3)、続々、何かと下関(20160716)


小倉に来たのは、もちろん、北九州モノレールに初乗りするためだぁ!
モノレールの駅が、ビルの中にあるって、珍しいね。
写真 北九州モノレールの駅構内(2016年6月25日7時30分頃、小倉駅にて)

では、出発ぅ。
右側通行のまま隣の駅まで進み、その後、左側通行になる。
しばらくして、すぐ近くに競馬場が見えた。
でも、この他には、沿線の街並みは、概してごく普通。
写真 北九州モノレールの車内(2016年6月25日7時40分頃、競馬場前駅付近にて)

20分ほどで、終点の企救丘{きくがおか}に到着、下車。
改めて顔を見ると、頭の上に回転灯?
写真 北九州モノレールの車両(2016年6月25日7時50分頃、企救丘駅にて)

終点のお約束で、終点の先を眺める。
複線の線路のうち、一方は途切れ、他方はさらに進行方向左手にある車両基地へと続く。
写真 北九州モノレールの軌道(2016年6月25日7時50分頃、企救丘駅にて)

車両基地があるなら、ダメ元で、ちょっと見に行くか。
写真 北九州モノレールの駅舎(2016年6月25日8時頃、企救丘駅にて)

葦の髄から天井を、ではないが、軌道試験車やトラバーサが見えたり、
写真 北九州モノレールの車両基地(2016年6月25日8時頃、企救丘駅付近にて)

普通の車両のほか、ラッピングされた車両が見えたり。
おっと、メーテルさんに睨まれた。
写真 北九州モノレールの車両基地(2016年6月25日8時頃、企救丘駅付近にて)

車両基地の先に、線路があった。
写真 日田彦山線の軌道(2016年6月25日8時10分頃、企救丘駅付近にて)

線路だけかと思ったら、何とすぐ近くに駅もあった。
日田彦山線の志井公園駅。
写真 日田彦山線の駅舎(2016年6月25日8時10分頃、志井公園駅にて)

モノレールを往復する予定だったが、予定変更。
モノレールとキハ車の取り合わせも、いとおかし。
写真 日田彦山線の駅構内と車両(2016年6月25日8時20分頃、志井公園駅にて)

城野駅から日豊線に入り、小倉駅に到着。
せっかくなので、さらに小倉城を見物。
写真 天守閣(2016年6月25日9時10分頃、小倉城にて)

では、撤収。
北九州モノレールを完乗したので、残るは、広島県のスカイレールサービスだけになった。
でも、広島には用事がないんだよなぁ。
写真 北九州モノレールの駅舎(2016年6月25日10時10分頃、小倉駅にて)

【初利用駅】北九州モノレール/小倉駅、企救丘駅、日田彦山線/志井公園駅
【初乗り】北九州モノレール/小倉駅〜企救丘駅、日田彦山線/志井公園駅〜城野駅
【完乗】北九州モノレール/小倉駅〜企救丘駅


トップ /前ページ /次ページ