番外編(112)、続、あんたがたどこさ(20090921)


熊本出張を命ず、なのである。
って、昨年来たばかりだけどなぁ。
む、これはもしかして、やり残したことをやれ、とゆー天の声なのか。
そーか、それなら、さっそくお出かけせねばなるまいてぇ♪(-_-)仕事はどうした。
写真 熊本市交通局の健軍町行き8200型(2009年9月16日8時30分頃、西辛島町にて)

宿泊先から市電に乗り、JR豊肥線の新水前寺駅へ。
もちろん今回はスッキリと阿蘇方面を目指すのだった。
ちなみに、新水前寺駅では昨年工事中だった仮設駅舎が完成し、旧駅舎は解体されていた。
この後、新駅舎は市電により近い位置に設置される予定。
写真 豊肥線の駅構内と宮地行きキハ200系(2009年9月16日8時50分頃、新水前寺駅にて)

昨年ここから乗った列車は電車だったが、今回乗った列車は気動車。
豊肥線は全線電化ではないので、電化区間を越えていく列車は気動車となるわけ。
車両は初乗りのキハ200系。気動車ながら坂道もビュンビュンだ。
新水前寺から約45分、熊本からでも1時間弱で、阿蘇山の入口、立野{たての}に到着。意外に近い。
図 豊肥線と南阿蘇鉄道の路線図

立野で南阿蘇鉄道に乗り換え。
単行の車両に数名の乗客は、いかにもローカル線の風情。
車両は立野を出ると橋梁を渡りトンネルを抜けて、阿蘇五岳と南側外輪山の間の盆地へと進む。
写真 南阿蘇鉄道の高森行きMT-2000型(2009年9月16日9時40分頃、立野にて)

途中の「南阿蘇水の生まれる里白水高原{みなみあそ みずのうまれるさと はくすいこうげん}」は、鹿島臨海鉄道の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前{ちょうじゃがはま しおさいはまなすこうえんまえ}」と共に、読み仮名が日本一長い駅。ふぅ。
じゅげむじゅげむ、ごこうの・・。
写真 南阿蘇鉄道の駅舎(2009年9月16日10時頃、南阿蘇水の生まれる里白水高原駅にて)

隣の中松で、タイミングよくトロッコ列車ゆうすげ号と行き違い。
凸型の小さな機関車DB16型が客車の前後を挟んで編成も凸型。
写真 南阿蘇鉄道の駅構内とトロッコ列車ゆうすげ号(2009年9月16日10時頃、中松駅にて)

立野から30分ほどで終点、高森に到着。
ここの地名は南阿蘇鉄道の前身、国鉄の高森線に冠されていた。
駅には車両基地があり、線内では一番堂々とした構内。
写真 南阿蘇鉄道の駅構内とMT-3010型(2009年9月16日10時30分頃、高森駅にて)

駅を出るとすぐ横にC12-241号機。
兄弟分のC56も小型で愛らしいが、こちらはさらに。
小型のデフもよく似合ってるぞ。
写真 C12-241号機(2009年9月16日10時20分頃、高森駅にて)

時間もあり天気も良いので、観光案内所でレンタサイクルを借り、付近を回ってみることに。
おすすめに従い、駅からほど近い、湧水トンネル公園へと向かう。
洞窟のようなものを想像していたら、何とここは、高森から宮崎の高千穂に抜けるために掘られた鉄道トンネルの遺構なのだった。
写真 高森湧水トンネル公園(2009年9月16日11時頃、高森駅付近にて)

2kmほど掘ったところで出水し、工事は中断。その後、鉄道建設計画自体が中止となり、今は観光用として0.5kmほどが供されている。
トンネルの中は、中央は湧水を流す水路、その両側は遊歩道となっている。やや上り勾配がついている感じ。
ひんやりとした空気、うす暗い照明、ところどころ壁から滲み出た水、いーねぇ。
写真 高森湧水トンネル公園のトンネル内部(2009年9月16日11時頃、高森駅付近にて)

夏季限定、地域の皆さんの手によるたくさんの七夕飾りを抜けると、石積みがトンネルを塞ぐ。
湧水が噴き出す位置は人の背より高く、この先を想像すると、少しコワイ。
最後に水神さまを拝み、また工事に関わった人々のご苦労を思う。
写真 高森湧水トンネル公園のトンネル終端部(2009年9月16日11時20分頃、高森駅付近にて)

思いもよらぬ収穫に満足して、湧水トンネル公園を後にする。
この後、月廻り公園に向かい、阿蘇五岳を眺め、食事をし、温泉に入る。もちろんこちらも、極めて満足。
写真 月廻り公園と根子岳(2009年9月16日12時20分頃、高森駅付近にて)

では撤収。
高森を出ると線路は右へ大きくカーブ。振り返ると直線となった線路の向こうに外輪山が聳{そび}える。そして、この直線の線路のまさに延長線上に湧水トンネル公園があるのだった。
トンネルが抜けていれば・・と思う間に、景色はどんどん遠ざかっていった。
写真 阿蘇外輪山(2009年9月16日14時50分頃、高森駅〜見晴台駅間にて)

【初利用駅】南阿蘇鉄道/高森駅
【初乗り】豊肥線/新水前寺駅〜立野駅、南阿蘇鉄道/立野駅〜高森駅
【完乗】南阿蘇鉄道/立野駅〜高森駅


追記

レンタサイクルで借りた自転車は、4時間500円なのに、何と電動アシスト付きなのだった。
電動アシスト付き自転車には初めて乗ったが、坂道もへっちゃらで、とてもありがたかった。
欲しくなってしまった。いかん。
写真 電動アシスト付きレンタル自転車


トップ /前ページ /次ページ