鉄グッズ(20110806)


子供が独立したので、部屋を片付けていたら、こんなものが出てきた。
これは昔、家族で交通博物館に行った時のオミヤ。リベリアとドイツの切手だ。
子供に買ったものだが、もはや価値を感じないのであろうナ。
写真 リベリア・ドイツの汽車の切手10種

切手と言えば、他にも何かあったなぁ。
そう、これこれ、九州鉄道記念館に行った時のおミヤ。
同じ切手の絵でも、この質感の違い。国民性でしょうか。
写真 日本の機関車の切手8種

切手を探していたら、こんなものも見つけた。
これは、竜飛海底駅に行った時のオミヤ。
メダルとオレンジカードだが、買ったことを完全に忘れていた。むーん。
写真 ケーブルカーのメダルとオレンジカード

まぁ、鉄のオミヤって、切手にせよメダルにせよ、実用的じゃないから、忘れるのも仕方ないか。
このピンバッジもまるで実用性なし。
つい最近、小樽市総合博物館(旧北海道鉄道記念館)に行った時のオミヤ。
とゆーことは、そのうち忘れてしまうのかな。
写真 しずか号のピンバッジ

Tシャツなんて一見実用的だが、実際には勿体なくて使えない。
これは、江ノ島電鉄の鎌倉駅に行った時のオミヤ。
このまま、箪笥の肥やし、になってしまうのか。
写真 江ノ島電鉄開業100周年記念のTシャツ

目覚まし時計も実用的だが、使われ方を想像すると、使うのは忍びない。
これは、会社のとある大会の参加賞。発売元はJR貨物。
この参加賞、鉄の人以外はまず喜ぶまい。
いらない人におネダリして、もっと集めればよかった。
写真 ED75-1028号機形の目覚まし時計

実用的か実用的でないかさえ、よくわからないものもある。
これは、富山地方鉄道に乗った時のオミヤ。
幼児用のボール、かな?意外とかわいらしい。
実用的かどうかは、いつかマゴに聞くとしよう。
写真 富山地方鉄道の幼児用のボール


トップ /前ページ /次ページ