新線(18)(20071118)


さて、その怪しい箇所だが、ルーツは「続、新線、往復・停止運転編」まで遡{さかのぼ}る。
図 往復・待機運転回路の回路図(3版)

う、むむ、チトめまいが。(-_-)だろーな。
しばらく見てなかったもので。いきなり回路図ってのは、やっぱキツイですネ。
こっちにしよう。
図 往復・待機運転回路のフロー図

うーむ、もっと簡単なのはないのか。
何とゆーか、分かりづらいなぁ。特に、ワンショットの使い方が。
一つは停止用、一つは不感用とあるけど。
図 往復・待機運転回路のタイミング図

今にして思えば、こちらの方がスッキリしてる感じ。
一見、似たよーなものだが。
図 往復・待機運転回路のタイミング図(改)

ほら、かなり違う。
特に、信号のループが消えたことで、怪しい度が一気に低下。
図 往復・待機運転回路のフロー図(4版)

その場合の回路図はこうなる。
うーむ、結局、避けては通れないんだなぁ。
図 往復・待機運転回路の回路図(4版)

たいした変更じゃないので、とりあえず工作するか。
これで動作不良が解決するかどうかは定かでないが、他のことは、今は思いつかないし・・。
写真 往復・待機・切替運転制御回路の改良工作

それでは、テストだ。はてさて、吉と出るか凶と出るか。
可変抵抗を「不惑>停止」にすることだけ気を付けて、と。
写真 往復・待機・切替運転制御回路の改良工作

ややっ、勝手に動くのが直ってる!
とゆーか、センサの感知から、停止、逆転が、ちゃんと動いてる。
信号のループを無くしたのが効いたかな。
一歩前進、と言いたいところだが、やっと元に戻ったと言うのが正しい。まだまだ先は長いのだった。


トップ /前ページ /次ページ