番外編(389-2)、続、北へもちょっと(20220611)


成田空港へ行った。ベトナムから来日して佐賀で働いたあと、最近まで埼玉で働いていた、知人のH氏が帰国するので、出国ゲートまで、お見送りするためだ。
長大越南に出かけた1年ほど前に比べると、お客さんが少し増えているようだ。でも、まだまだ本調子じゃないね。
写真 出発便の案内(2022年5月4日7時20分頃、成田空港第2ターミナルにて)

お見送りは8時前に終った。素直にウチに帰るのもアリだけど、お出かけするのも、もちろんアリだ。まだ早い時間だし、いい天気だし。
でも、どこにお出かけするかなぁ。って、先日の流れで言えば、やっぱり群馬・栃木方面じゃね?
なので、アクセス特急で浅草へ。
写真 都営浅草線の駅構内と車両(2022年5月4日9時頃、浅草駅にて)

東武の浅草駅で赤城行きのりょうもう号の特急券を買って、待ち時間に仲見世商店街の喫茶店へ。聞けば、紙タバコの喫煙もOKだとか。いーね。ふーい。
では、出発ぅ。車内放送によると、何と、満席だとか。新型コロナの外出自粛がないGWは久々だからなぁ。
写真 東武鉄道の駅構内と車両(2022年5月4日9時40分頃、浅草駅にて)

後座席は親子連れ。子供は鉄ちゃんらしく、すれ違うあの車両はどうのこうの、この車両はどうのこうのと独壇場。お友達になりたかったぞ。
赤城の手前の相老{あいおい}で、わたらせ渓谷鐡道に乗り換え。今日は、終点まで行くぞ。
こちらも、2両編成ながら、ほぼ満員。いーんじゃないですかぁ。
写真 東武鉄道・わたらせ渓谷鐡道の駅構内と車両(2022年5月4日11時40分頃、相老駅にて)

大間々{おおまま}からは初乗り区間。
神戸{ごうど}で10分ほどの待ち時間。でも、車内販売が来てくれたり、車外に出て休憩できたりトイレを使ったり、写真を撮ったりできたりするので、なかなか有意義。
写真 わたらせ渓谷鐡道の駅構内と車両(2022年5月4日12時20分頃、神戸駅にて)

神戸を過ぎると、いよいよ山岳路線。
わたらせ渓谷鐡道にはトンネルがたくさんあるけど、神戸から次の沢入{そうり}までの間の草木トンネルは、全長5km以上もある。
写真 わたらせ渓谷鐡道の車内(2022年5月4日12時30分頃、神戸駅〜沢入駅間にて)

トンネルを抜けると、草木湖(の尻尾)を渡る。
草木湖は、渡良瀬川を草木ダムで堰き止めたもの。そして、草木湖には、旧線が通っていた由。
写真 わたらせ渓谷鐡道の車窓/草木湖(2022年5月4日12時40分頃、神戸駅〜沢入駅間にて)

沢入を過ぎると、渡良瀬川が作った峡谷が列車からよく見える。大きな岩が河原にゴロゴロ転がっている。
沢入と原向{はらむこう}の間で、群馬県から栃木県に入り、原向と通洞{つうどう}の間で、立派な橋で、再度、渡良瀬川を渡る。
写真 わたらせ渓谷鐡道の第二渡良瀬橋梁(2022年5月4日13時頃、原向駅〜通洞駅間にて)

通洞で、乗客が半分ぐらいに減るけど、そのまま終点まで。足尾を過ぎて間藤へ。これで、わたらせ渓谷鐡道を完乗だ。
折り返しで戻る予定だったけど、駅に置いてあった観光案内を見て、廃止された間藤から足尾本山までの廃線跡を検分することにした。駅からは1.5kmほどだ。
写真 わたらせ渓谷鐡道の駅構内と車両(2022年5月4日13時10分頃、間藤駅にて)

間藤駅から200mほどのところに、渡良瀬川を渡る鉄橋が残っている。さらに、足尾本山付近にも、渡良瀬川の支流を渡る鉄橋が残っている。
間藤から足尾本山の間は、貨物専用だった由。貨物とは、足尾本山があった精錬所から出荷される銅だ。足尾の銅山は、かつて日本最大だった由。
写真 旧足尾線の橋梁と精錬所(2022年5月4日13時30〜50分頃、間藤駅〜足尾本山駅間にて)

タイミングよく、日光市のバスが来たので、足尾まで戻る。
足尾には、ディーゼル機関車、ディーゼル車、貨車などが留置されている。タキ車は、銅山の副産物の硫酸用。
写真 旧足尾線の車両(2022年5月4日14時30分頃、足尾駅にて)

さらに、足尾から線路沿いを1kmほど歩いて、通洞へ。さらに渡良瀬川方面に500mほど歩いて、足尾銅山観光へ。
足尾銅山観光には、トロッコ電車、坑道内の展示、銅資料館、鋳銭座などの施設があって、もれなく足尾銅山の通になれる。
写真 トロッコ電車と坑道(2022年5月4日15時10分頃、足尾銅山観光にて)

では、撤収。ふぅ。
わたらせ渓谷鐡道、そして足尾観光は、予想以上に見どころたっぷりだった。
写真 わたらせ渓谷鐡道の駅構内と車両(2022年5月4日16時40分頃、通洞駅にて)

相老へ戻り、切符を買うついでに駅を出て、今日一日を思い出しながら一服。
この日は、東武小泉線と東武佐野線の完乗も狙っていたけど、遅くなったのでパス。完乗が1路線だけになったけど、ごめんなすって、ばかりで完乗を稼いでも、面白くないし。なので、十分満足。(-_-)だな。
写真 東武鉄道・わたらせ渓谷鐡道の駅構内と車両(2022年5月4日18時頃、相老駅にて)

【初利用駅】わたらせ渓谷鐡道/間藤駅、通洞駅、わたらせ渓谷鐡道・東武鉄道桐生線/相老駅
【初乗り】わたらせ渓谷鐡道/大間々駅〜間藤駅
【完乗】わたらせ渓谷鐡道/桐生駅〜間藤駅


トップ /前ページ /次ページ