番外編(228)、はいさーい(20150125)


沖縄出張をゲットぉぉ!暴走老人ばんざーい!
定年まで1年あまりとなり、もはや沖縄に行く機会はなかろう、と思っていたが、まさかの展開。不思議だ。
羽田から3時間弱、那覇空港に到着。
那覇に着いたのは良いが、空港でモタモタしているうちに、ホテルの送迎バスが出発してしまい、次まで1時間半待ち、って何さ。
しょーがない、ゆいレールでも見物するしかないか。(-_-)見物したいと。
写真 ゆいレールの駅舎(2015年1月15日16時40分頃、那覇空港駅にて)

空港のターミナルのすぐそばに、ゆいレールの那覇空港駅がある。神戸にちょっと似てる。
駅には「日本最西端の駅」の碑があった。思えば遠くに来たものだ。
ちなみに、「日本最南端の駅」は那覇空港駅ではなく、お隣の赤嶺駅。
写真 「日本最西端の駅」の碑(2015年1月15日16時40分頃、那覇空港駅にて)

駅の近くに、ゆいレール記念館があるので、駅員さんに、この時間でも入れるかどうかを聞いたが、予想通りダメ。むーん。
では、今日のところは、乗るしかないとゆーことか。(-_-)乗りたいと。
とりあえず、終点の首里まで乗ることにして、切符を買う。この切符は、光学タッチ式。珍しいなぁ。
写真 ゆいレールの切符(2015年1月15日16時40分頃、那覇空港駅にて)

ホームで待つことしばし。来た来た、来ましたよん。2両編成なんだね。
モノレールだけど、駅のアナウンスは「電車」。
写真 ゆいレールの車両(2015年1月15日16時40分頃、那覇空港駅にて)

では、出発ぅ。
那覇空港駅を出発すると、すぐに車両基地が見える。
ここに、ゆいレール記念館もある。ちなみに、記念館は土日休館なので、この日、金曜日に行けなかったのは、じつはかなり痛い。
写真 ゆいレールの車両基地(2015年1月15日16時50分頃、那覇空港駅付近にて)

モノレールは高い場所を走るので、市街を一望できる。
那覇の街は土地が狭いのか、山の上まで建物が続いている。長崎にちょっと似てる。
写真 ゆいレールの車窓(2015年1月15日17時10分頃、牧志駅付近にて)

首里付近で、モノレールは山の方に登っていく。
後方に、再び海が見える。
写真 ゆいレールの軌道(2015年1月15日17時20分頃、首里駅付近にて)

那覇空港から30分ほどで首里に到着、下車。
日本最南端・最西端の鉄道を完乗できて何より。
そして、これで、ワタシの完乗区間は、目出度く200路線の大台に達したのだった。
写真 ゆいレールの駅構内と車両(2015年1月15日17時20分頃、首里駅にて)

ゆいレールは、首里から先、浦添方面への延長も計画されている由。
その節は、また乗れると良いなぁ。
写真 ゆいレールの軌道(2015年1月15日17時20分頃、首里駅にて)

【初利用駅】沖縄都市モノレール/那覇空港駅、首里駅
【初乗り】沖縄都市モノレール/那覇空港駅〜首里駅
【完乗】沖縄都市モノレール/那覇空港駅〜首里駅


トップ /前ページ /次ページ