番外編(213)、六甲を見ずして結構と言うなかれ(20140607)


ちと用事があり、神戸へ行った。
せっかくなので、六甲ライナーに初乗りしようと、JRの六甲道で途中下車した。
写真 JR神戸線の駅構内(2014年5月31日13時40分頃、六甲道駅にて)

って、違ぁぁう!
六甲ライナーに乗るなら、住吉でしょうに。
鉄ちゃんのくせに、間違いすぎじゃないのぉ。大阪モノレールしかり、地下鉄博物館しかり。
心を静めるために昼メシなどを食べて、六甲道から住吉へ戻る。
写真 JR神戸線の駅構内(2014年5月31日14時10分頃、住吉駅にて)

ようやく六甲ライナーに乗り換えて、ホームに上がる。
土曜日の午後だからか、乗客は少なく、難なく最前列をゲット。
では、出発進行ぅ!
写真 六甲ライナーの駅構内(2014年5月31日14時20分頃、住吉駅にて)

住吉を出ると、右手すなわち海側へ大きくカーブして、六甲アイランドに向かう。
直下には住吉川と、そこで水遊びをする子供達が見えた。
川がキレイでビックリする。こんなに都会なのに、しかもこんなに海の近くなのに。
写真 住吉川(2014年5月31日14時20分頃、住吉駅にて)

新交通は高いところを走るのがフツーなので、基本、見晴らしが良ろしい。
でも、見晴らしが良いのと景色が良いのとは同義ではない。
して、六甲ライナーはと言えば、これが景色も良ろしいのだなぁ。
写真 六甲アイランド(2014年5月31日14時30分頃、にて)

ほどなくして終点マリンパークに到着、下車。
されども、線路はまだ続く。
写真 六甲ライナーの線路(2014年5月31日15時20分頃、マリンパーク駅にて)

線路の先には車両基地があるらしい。
行けば基地の中を見ることができる、とは限らないが、行かないと見ることはできない、のは確実だ。
うーむ、宝くじを買う人の心境とは多分かようなものであろうな。ならば、行くか。
写真 六甲ライナーの線路(2014年5月31日14時20分頃、マリンパーク駅付近にて)

歩くことしばし、車両基地に到着、ふぅ。
なんと、基地の直近に遊歩道の歩道橋があり、そこから中をじっくり観察できた。
どうやら、宝くじは当たりだったようだ。
写真 六甲ライナーの車両基地(2014年5月31日14時50分頃、マリンパーク駅付近にて)

車両基地を堪能したので、そこから遊歩道を海辺に向かう。
遊歩道に沿って木々が茂り、鳥がさえずる。
埋め立てから幾年月、であるな。
写真 遊歩道(2014年5月31日14時50分頃、六甲アイランドにて)

木々が途切れると、唐突に海。潮の香りがいーねぇ。
絶妙のタイミングで、タグボートに押されたコンテナ船が目の前をゆっくりと通り過ぎる。
コンテナと煙突には"K"LINEのロゴが。
写真 コンテナ船PENANG BRIDGE号(2014年5月31日15時頃、六甲アイランドにて)

では、撤収。
帰り道、南魚崎で下車して、某酒造メーカーの記念館もチェック。
ここぞとばかり、大量にオミヤをゲットぉ!
写真 菊正宗酒造記念館(2014年5月31日16時20分頃、南魚崎駅付近にて)

そのあと、住吉川の河川敷を魚崎まで歩く。
河川敷は気持ち良かったけど、オミヤが重くて・・。
写真 六甲ライナーの駅舎(左)と阪神電鉄の駅舎(右)(2014年5月31日16時30分頃、魚崎駅にて)

【初利用駅】六甲ライナー/住吉駅、魚崎駅、南魚崎駅、マリンパーク駅
【初乗り】六甲ライナー/住吉駅〜マリンパーク駅
【完乗】六甲ライナー/住吉駅〜マリンパーク駅


トップ /前ページ /次ページ