番外編(378-3)、続々、長大乗り初め(20220212)


南北線には国道1号線が並行する。国道1号線は、ハイヴァン峠付近では、新道と旧道がある。新道は、ハイヴァン峠を長いトンネルで真っすぐに抜ける。でも、旧道は、山道をぐねぐねと行く。
そして、鉄道も旧道のように、山道をぐねぐねと行く。なので、列車はゆっくり、ゆっくりと走る。
図 ハイヴァン峠

最初のトンネルを抜けると、すでに、海を見下ろす高さ。この先、トンネルは数か所ある。
乗客の皆さんもよくご存じなのか、個室から通路に出て、景色を眺め、歓声をあげる。
写真 ベトナム国鉄の車窓(2022年1月18日14時50分頃、フエ(Hue)駅〜ダナン(Da Nang)駅間にて)

山を回り込むように、列車は大きくカーブしながら進む。
写真 ベトナム国鉄の車窓(2022年1月18日15時10分頃、フエ(Hue)駅〜ダナン(Da Nang)駅間にて)

少しずつ高さが増して、海は、はるか下に。スゴイけど、ちょっとコワイ。日本で、海の際を、こんな近さと高さで走る路線ってあるのかしらん。
写真 ベトナム国鉄の車窓(2022年1月18日15時30分頃、フエ(Hue)駅〜ダナン(Da Nang)駅間にて)

やがて、列車はハイヴァン峠を無事に越えて、下り始める。途中で、旧道との踏切を通過。アレも、この日のためだったのか。
写真 ベトナム国鉄の車窓(2022年1月18日15時30分頃、フエ(Hue)駅〜ダナン(Da Nang)駅間にて)

列車は、再び快調に進む。
しばらくして、サイゴンから1038kmのフエ(Hue)に停車。アレも、以下同文。
写真 ベトナム国鉄の駅構内とSE4列車(2022年1月18日17時頃、フエ(Hue)駅にて)

さらに、サイゴンから1104kmのドンハー(Dong Ha)、同じく1204kmのドンホイ(Dong Hoi)に停車。
すっかり、日も暮れて、いよいよ、2日目の車中泊だ。もう、丸々一日乗っていることになる。
写真 ベトナム国鉄の駅構内と車両(2022年1月18日18時30分頃、ドンホイ(Dong Hoi)駅にて)

では、就寝。就寝前に、ガンガンの冷房が停止されたので、それなりに寝られて、良かった。
朝、早く起きると、サイゴンから1585kmのビムソン(Bim Son)に停車。まだ暗く、見上げれば、三笠の山にいでし月かも。
写真 ベトナム国鉄の駅構内と車両(2022年1月19日4時20分頃、ビムソン(Bim Son)駅にて)

続いて、サイゴンから1611kmのニンビン(Ninh Binh)に停車。アレも、この日のためだったのか。
ハノイまで残り約100km。
写真 ベトナム国鉄の駅構内とSE4列車(2022年1月19日5時40分頃、ニンビン(Ninh Binh)駅にて)

列車は、淡々と進み、ついにハノイ市街に到達。アレも、コレも、この日のためだったのか。
全てのアレとかコレとかが、一つにつながるなんて、何だか感動的だなぁ。じーん。
写真 ベトナム国鉄の車窓(2022年1月19日8時20分頃、ハノイ駅付近にて)

間もなく、終点ハノイに到着。
サイゴンから距離は、1726km。乗車時間は、37時間。空前にして絶後であろう長大乗り鉄にして長大乗り初めは、つつがなく達成されたのだった。ふーい。(-_-)お疲れ。
写真 ベトナム国鉄の駅構内とSE4列車(2022年1月19日8時20分頃、ハノイ駅にて)

【初利用駅】なし
【初乗り】ベトナム国鉄南北線/サイゴン駅〜ハノイ駅
【完乗】ベトナム国鉄南北線/ハノイ駅〜サイゴン駅


トップ /前ページ /次ページ